バイク、日常、その他
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンダーリッヒ ハンドルアップキット
GSのポジションは、やはり欧州人向けですよね。。
身長175cmのワタクシですが、ノーマルのポジションだとハンドルがやや遠いので腕にゆとりがない分、長距離を走るとどうしても腕が疲れてきます。乗り継いだ歴代バイクの中でもブッチギリで快適なバイクなのでこの点がとても惜しい。
理想はノーマルハンドルより気持ち高く気持ち手前にして極端に手前にハンドルが来るのは避けたかったので、ちょうどいいのないかなと探してみるとワンダーリッヒのハンドルアップキットにたどり着きました。
値段もお安い♪

2013111510280000.jpg
こちらノーマルハンドルの高さです。

2013111510440000.jpg
ハンドルアップキットを挟むと25mmハンドルが高くなります。
取り付け面が斜めになっているので、高くなるだけではなくやや手前にくる形になります。
高くする事でブレーキラインの取り回しが気になったのですが、左右にフルハン切ってみて左はギリギリですが取りあえずは大丈夫そうです。

2013111510440001.jpg
全体的に見るとこんな感じになります。
欲を言えばハンドルがもう5mmくらい手前にくると完璧なんですが、それでもかなり楽なポジションになりました♪

スポンサーサイト
随分前の話
随分前の話です。。
夏休みを8月後半からとって、一泊二日のツーリングで実家のある山口に帰りました。
1000km慣らしを終えて中々ロングを走る機会がなかったのですが、ようやくGSの本領を発揮できる距離を走ることが出来ました。

1日目。
”中央高速から名神で東京~関ヶ原間を走り、そこからは適当に寄り道しながら下道を使って琵琶湖~福井を経由して海沿いに走り舞鶴で一泊。”

6時に東京を出発して、10時には関ヶ原に到着。
高速では初めてクルーズコントローラーを使ってみました。一定速度で走り続ける場合は確かに便利♪
アクセルを開け続けるのって意外と手首に負担がかかってたんだなーと実感です。

P1050185q.jpg
関ケ原町歴史民俗資料館です。

P1050190q.jpg
琵琶湖です♪

P1050204qq.jpg
舞鶴の引き揚げ桟橋。
舞鶴には少し早めの15時についてしまったのでブラブラと観光地をめぐりました。

P1050217qq.jpg
17時にこの日宿泊した銀水閣さんに到着。

2日目
”ひたすら下道を走り続けた一日でした。。”

8時に旅館を出発。
前日は気温が低くて走りやすかったのですが、この日は暑くなりそうな予感。。

P1050233q.jpg
まずは舞鶴のレンガパークを見てから。

P1050245q.jpg
下道を淡々と走り、鳥取砂丘に到着。
中国地方で山口以外の日本海側って実は初めて。というわけで砂丘も初めて訪れました♪
予想通りこの日の気温は高くなり、普段篭もり仕事をしてて陽に当たらないワタクシは疲れてきました。。

P1050254q.jpg
淡々と下道を走り続け松江に到着。
とりあえず松江城だけみました。
ここのオートバイ置き場が中々見つけられず城の周りを三周。
置き場もちょっと変わってて大型バイクはたどり着くまでが大変かもしれません。。

P1050286q.jpg
そこから下道で三次まで走り、中国自動車道に入ります。
画像は宮島PAです。
20時に山口の実家に到着。
GSは一日の終わりに差し掛かるとさすがに尻が痛くなってきましたが、基本的に快適そのものでした。
旅するにはホントによいバイクです♪

おまけ。
山口では一ヶ月滞在しましたが、仕事の関係でその間休めたのは結局2日だけでした。。
で、一日だけ山口でツーリングした時の画像です。

P1050340q.jpg
定番の角島です。

P1050353q.jpg
千畳敷です。10数年ぶりに訪れました。
相変わらず気持ちのいいところです。

東京に戻るときは急いで帰らなければならなくなり山口~東京間を高速で一気に駆け抜けました。
その際、評判のゲルホーン3プラスという燃料添加剤を入れて平均燃費をとってみました。
パニアをつけた状態で、クルコンかまして常識的なスピードで走り、何度か給油した平均は23kmでした。
今回のツーリングで走った総走行距離は約2700kmでした。ふー。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。