バイク、日常、その他
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイドスタンドの対策
やろうやろうと思いつつ後回しにしていたサイドスタンドの対策をしました。

GSのサイドスタンドは右側通行の国仕様で長さが短めなので、左側通行の日本で使うとなると路肩にバイクをとめた時に傾斜がきつくなるのです。重いバイクなんで傾けると結構ズッシリきます。。
すでにいろんなメーカーから下駄を履かすキットがでていますが、R STYLEさんのハイトサイドスタンドという丸ごと取り替えるタイプのものにしました。長さを延長してあり、接地面積を広くしてあり、純正は足をかけるフックの位置が適切でないためシフトの時に邪魔になる事がありますが、この点も対策されてます。
説明書に取り付け方の記載はなくサービスマニュアル参照とのこと。ディーラーさんでの取り付け推奨みたいですネ。

午後から時間ができたので、自分で作業してみました。

20140223_110956.jpg20140223_112319.jpg
今回一番手こずったのがクリップの取り付け取り外しでした。。
慣れてる人はなんてことないんでしょうけど。


20140223_111129.jpg
純正との比較。左が純正、右がハイトサイドスタンド。
画像で上を向いてる方が車体に取り付けると下側を向きます。
ステンレスのポリッシュ仕上げできれいな仕上がりです。ホントは純正っぽい黒いヤツで目立たないほうが好みなんですが、メーカーのHPを見ると製作時に個別に対応してくれてるようです。しまったー。。

20140223_123452.jpg20140223_123439.jpg20140223_123406.jpg
どうにか取り付けできました!


スポンサーサイト
GSのハンドルスイッチリコール
東京のウチのまわりは先週降った雪が今だに解けず、街が氷付けになってる状態が続いてます。
ですが広い道はとりあえず走れるまでには回復してきましたので、GSのハンドルスイッチリコールの対応をしてもらいに八王子のコクボモータースさんまで出かけてきました。
八王子がまた残雪が盛大に残ってて寒いんですよね~。。

で、ボクのGSを見てもらったところ、すでに対策済という事でやることなしでした。
ロットによって違いがあるのかな?
タイヤもTOURANCE NEXTじゃなくて、ROAD ATTACK2になってるしね。

ちょうど入荷したばかりの水冷GSアドベンチャー があったので見てみましたが、やっぱデカくてゴツイですねー。

2014022011330001.jpg

ミリタリー系の配色は遊び心があっていいと思いました♪
極寒の奥多摩行ってきました。
昨日土曜日に奥多摩に行ってきました。
休日ですが朝から行けば道が空いてるかなと思って早めに出発したら、、早すぎました。

P1050708aaav.jpg
都民の森は土曜だというのに一台もいません。。
それもそのはず、道中の桧原街道は凍結防止剤を撒いてるし、路面は濡れてるし気持ちよく走れるようなコンディションではありませんでした。
周遊道路は路面も乾いててまだいけそうでしたケド。
この後、上野原方面に抜けるつもりでしたが、道が凍結してるかもしれないのでやめました。
帰り際、青梅街道で周遊道路に向かうバイクと何台かすれ違いましたが、もう少し遅めに出かければよかったんですよネ。。


P1050710rrre.jpg
走ってる途中で気がついたのですが、いつもはエンジン温度表示してるところが外気温度に切り替わって雪マークの表示。氷点下の場所では0度で明滅しとりました。
寒いとは思いましたが、やはり。。

これからの季節に山方面を走る時は昼から出かけて早めに引き上げるのがよさそうですね。
ワンダーリッヒ ハンドルアップキット
GSのポジションは、やはり欧州人向けですよね。。
身長175cmのワタクシですが、ノーマルのポジションだとハンドルがやや遠いので腕にゆとりがない分、長距離を走るとどうしても腕が疲れてきます。乗り継いだ歴代バイクの中でもブッチギリで快適なバイクなのでこの点がとても惜しい。
理想はノーマルハンドルより気持ち高く気持ち手前にして極端に手前にハンドルが来るのは避けたかったので、ちょうどいいのないかなと探してみるとワンダーリッヒのハンドルアップキットにたどり着きました。
値段もお安い♪

2013111510280000.jpg
こちらノーマルハンドルの高さです。

2013111510440000.jpg
ハンドルアップキットを挟むと25mmハンドルが高くなります。
取り付け面が斜めになっているので、高くなるだけではなくやや手前にくる形になります。
高くする事でブレーキラインの取り回しが気になったのですが、左右にフルハン切ってみて左はギリギリですが取りあえずは大丈夫そうです。

2013111510440001.jpg
全体的に見るとこんな感じになります。
欲を言えばハンドルがもう5mmくらい手前にくると完璧なんですが、それでもかなり楽なポジションになりました♪

1000km慣らしを終えて
世間は帰省のUターンで高速はどこも激混みみたいですね。
ボクは夏休みは8月末から取ることにして、ずっと仕事しとります。

GSですがようやく1000kmの慣らしも終えて初回点検に出しました。

P1050006c.jpg
GPSの動作が不安定って事以外は車体側には何の問題もありませんでした。
オイル交換はASHで頼もうかと思いましたが、とりあえず最初なんでメーカー指定のカストロールでお願いしました。

以下、納車以降で変わったところです。

P1050165c.jpg
お約束の純正パニアです。
ボクが愛してやまない某メーカーのパニアと比べるとさすがに作りが違いますw
車体への取り付け方や容量を可変できる構造など、よく出来てるなーと感心しました。

P1050168c.jpg
こちらもお約束のツラーテックのシリンダープロテクター。

P1050149c.jpg
ツラーテックのラジエーターガード。

P1050148c.jpg
ワンダーリッヒの可変シフトぺダル。
オフをやらない場合、ロード用のブーツだとノーマルペダルは長すぎると思います。
コレつけて、やっとしっくりきました。

他には画像を取ってなかったですが、、純正のクルーズコントローラーとAVANTの延長フロントフェンダーって感じです。

後はハンドルが遠く感じるのと、サイドスタンドが短くて車体を起こすのが大変な時があるので、ここをどうにかしたいですネ。
しかしながら、GS乗ってる人が感じる問題点って大体同じみたいで、ほとんどはそれを改善できるパーツが出回ってるので助かります。
やるならサイドスタンドが先かな、とにかくGSはデカくて重い。。
走ってる分には快適この上ないバイクですが、自力で押し引きする時は気を使います。
脚の負担が少ないようにと思ってたのにこの点だけは計算外でした。。

さてさて、仕事はなる早で片付けて、8月後半気兼ねなく休みを取ってGSを楽しみたいなー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。